JKGのご案内

JKGの意味・活動内容を解りやすく説明致します

■JKGって?

ジャパン ナイフ ギルド (Japan Knife Guild)の略です。

JKGは、1980年6月6日(昭和55年),近代ナイフの父と呼ばれ、アメリカのカスタムナイフ普及に貢献した
「ザ・ナイフメーカーズ・ギルド」の生みの親でもあるR.W.ラブレス氏のアドバイスと協力により誕生しました。
ナイフ及びナイフの使用方法に関する正しい知識の普及やナイフメーキング、ハンドメイド・ナイフに関する知識、
技術の相互公開を目的としています。

35周年を迎えた現在、会員数は全国で約180名。(平成26年度)
ナイフコレクター、実用の道具としてのナイフユーザー、プロあるいは趣味としてハンドメイドナイフを製作するメーカー、
そしてそのナイフの流通を担当するディーラーと、
あらゆる立場でナイフに関わり、ナイフを愛する人々の友好、交流の場を提供する非営利団体がJKGです。
皆様のご入会をお待ちしています。

◆JKGの目的
 1. ナイフおよびナイフの使用法に関する正しい知識の普及。
 2. ナイフメーキングの技術向上とナイフの新しいデザイン、材料、技術の紹介。
 3. ナイフメーキング、ハンドメイドナイフに関する知識、技術の相互公開。
 4. 年次ナイフショーの開催、一般公開。
 5. 会員相互の親睦、友好促進(講習会、懇談会の開催)。

◆JKGにはJCKM・法人部会・鍛造ナイフ部会の3つの部会があります。

■JKGの組織

   ◆会員種別
    1. 一般会員
    2. メーカー会員
    3.法人会員

 

◆部会
1.JCKM(ジャパンカスタムナイフメーカーズ)
  1983年に設立されたプロ・カスタムナイフメーカーの団体です。
  JCKM会員になる為には、JKGメーカー会員で、JCKM会員の推薦を受け、
  規定の審査に合格することが必要です。
  
2.法人部会
  カスタムナイフ、ナイフメーキング材料など関連商品を扱っている小売店、
  問屋などの法人の団体です。
  入会する為には現法人会員の推薦・入会の承認が必要です。

3.鍛造ナイフ部会
  準会員:正会員1名以上の推薦を受けた鍛造ナイフの製作、
  使用、コレクションに興味のあるJKG会員です。
  正会員:JKGメーカー会員、鍛造ナイフ部会準会員で、
  鍛造ナイフ部会の規程する実技審査に合格した方です。



■JCKMって?

ジャパンカスタムナイフメーカーズ(Japan Custom Knife Makers)の略です。

JKGの一部会であり,JKGが設立された三年後に、プロのナイフメーカーを志向する会員12名で発足しました。
現在は20数名で構成されています。
毎年4月の第2土曜日、日曜日の二日間にわたり、東京・銀座の会場でナイフショーを開催しています。
出展者はJCKMの会員及び一定の条件を満たしているJKG会員の若干名のゲストで
質の高いナイフショーとして常に愛好家の皆様から注目されています。

◆JCKMの目的
 1.カスタムナイフメーカーとしての技術の向上
 2.販売に関する情報交換
 3.会員相互の親睦
 4.カスタムナイフの知識の啓蒙



◆ 入会資格
JKGメーカー会員。
入会にはJCKM会員の推薦を受け、
規定の審査に合格することが必要です。






■法人部会って?

JKGの一部会であり,カスタムナイフやナイフメーキング材料を扱う国内の有名ナイフショップやディーラーが加盟しています。

◆ 主な活動
7月12日を「ナイフの日」(712)に設定し、7月1カ月をキャンペーン期間として、
各加盟店でカスタムナイフ普及のためにいろいろな行事を開催します。
また、ナイフの正しい使い方の啓蒙、研ぎ方や手入れ方法などナイフに関する正しい知識の普及に努めています。

◆ 入会資格
JKG会員でカスタムナイフ、ナイフメーキング材料など関連商品を扱っている小売店、問屋などの法人。
入会には法人会員の推薦を受け、入会の承認が必要です。



■鍛造ナイフ部会って?

JKGの一部会であり,鍛造に対する正しい理解と知識を普及するために、
また将来鍛造ナイフを製作したいと思っている方に正しい指導を行なうための互いの技術の向上や情報の交換を行なう場です。
 

◆ 主な活動
JKG野外例会での鍛造ナイフ教室実施。
年一回の定例会  
鍛造ナイフ部会正会員の鍛冶場訪問。
正会員による講習会。




◆ 入会資格
正会員はJKGメーカー会員、鍛造ナイフ部会準会員で、鍛造ナイフ部会の規程する実技審査に合格された方。
正会員はJKGの主催するナイフショーなどで「鍛造ナイフ部会正会員」の表示を認めます。




■ナイフショーって?

JKGでは年間数回の入場無料のナイフショーを東京を拠点に開催しています。
ナイフショーではナイフメーカーが独自のデザインや技術で作成した作品を展示、即売をしています。
メーカーたちは現在の技量を注ぎ込んだ作品を展示するため、
来場者は現代カスタムナイフの最高技術を目にすることができるでしょう。
テーブルの上に並んだナイフを前に、お客様とメーカーは直接対話・商談ができます。
更に作成技術等の情報交換等もできます。

お客様には、受付にて簡単なアンケートをお願いしていますが、これを書いていただくことにより、
ショーの間に行われるプレゼント抽選券ともなり、ナイフを含み、さまざまな物が当たります。

ショーに来ていただいたら、まずは、すべてのテーブルをご覧ください。
気に入ったナイフがあればメーカーと鋼材、使用目的等しっかり話し合った上でご購入下さい。
さらに値段交渉をもすればいいでしょう。
オーダーの際は信頼のできるメーカーを選び、お客さまが使うフィールド、目的にあった要望を出し、
さらにデザイン・鋼材・ハンドル材・価格等細かいことまでしっかり話し合ってください。

          

        


■JKGの主な活動内容

1. JKGカスタムナイフショー(国内最大規模のハンドメイドナイフショー。毎年10月に開催。)
2. JCKMカスタムナイフショウ(毎年4月に開催。)
3. 野外例会(ナイフの正しい使用法の実践の場として。毎年夏に開催。)
4. カスタムナイフコンテストの実施。
5. 会報「JKGニュース」の発行によるナイフ情報の提供。
6. 総会・懇親会(JKGナイフショー終了後に開催)