トップページ

スケジュール 銃刀法 ナイフショー規則
メーカー会員 法人部会 鍛造ナイフ部会
ナイフの基礎 ナイフ用語 ラブレスとJKG
JKGって何? JKG会則 JKG入会のご案内
保証について Q&A お問い合わせ

JKG 保証について

JKGメンバーの作成したナイフについては生涯保障致します。

JKGでは会員ナイフメーカーが製作販売するナイフに下記のような「統一保証書」を添付して、責任の範囲を明確にし、メーカーとお客様の間での無用のトラブルを未然に防止する努力をしています。
JKG会員のハンドメイドナイフを購入される際は保証内容をお確かめください。



 ■JKGの統一保証書

私がナイフの製作を続けている限り、私が製作した製品について下記のとおり保証いたします。



保証内容

1.裏面の使用上の注意説明書にしたがった正常な使用状態で、明らかに材料、 製作上の欠陥による不具合が生じた場合は、無償で修理し、または代替品と交換いたします。

2.次のような場合は、保証の対象外となり,有償で修理をいたします。
尚状況によっては修理できない場合もありますので、購入店または直接メーカーにお問合せください。

イ.そのナイフの本来の用途以外の使用、使用上の不注意、保管上の不注意、天災、火災、事故、購入後の改変、輸送などにより発生した損傷など。

ロ.天然ハンドル材(鹿角、象牙、貝、鼈甲、木、漆、動物の角、歯、骨など)は、お客様にお渡しした時点で異常が無い場合、それ以後の経年変化や急激な温度・湿度などの変化によるひび割れ、退色、伸び縮みなど。

ハ.他の刃物と同様、使用による傷、錆、シースの劣化、ハンドル材の劣化、研ぎ直しなど。

3.修理ご希望の場合はこの保証書と共に購入店またはメーカーへ製品を持参またはお送りください。お客様のお名前、ご住所、電話番号、修理の内容を忘れずお書き添えください。有償修理の場合は、返送料を加算させていただきます。

4.製品を発送されるときは厳重に梱包してください。

5.お気づきの点はご遠慮無くお申し出ください。皆様のお声はこれからのナイフメーキングの参考にさせていただきたいと思います。

 ナイフご使用上の注意
1.ブレードは常にきれいに乾燥した状態に置き、水分、汚れは必ず拭き取ってください。

2.フォールディングナイフは、シースナイフより強度が落ちることをご承知の上でご使用ください。

3.のみ、ドライバー、錐、缶切りなどの代用にしないでください。ブレードは薄いのでこじるような力が加わると折れたり、欠けたりします。

4.ロック付きフォールディングナイフはゴミがスプリング部分に入らないよう時々掃除をして下さい。

5.2本以上のブレードやツールを持つ多徳ナイフでは同時に2本以上のブレードを出さないでください。スプリングに過度の力が加わり、折れる恐れがあります。

6.シースナイフは汚れや水分を拭き取ってからシースにしまってください。

7.ナイフは投げないでください。

8.永くご使用にならない時は、シースに入れず乾燥した涼しい場所で、外部の人や子供の手の届かない場所に保管ください。

9.ナイフの研ぎは包丁などほかの刃物と異なりますので、研ぎ直しはナイフメーカーまたはナイフを良く知っているショップにご依頼ください。

10.錆が出た場合は防錆オイルをつけ、磨き直しはメーカーまたはナイフショップにご依頼ください。磨き直しは研ぎ直しと異なり、大変手間がかかり費用も高くなりますので、錆びさせないよう十分ご注意ください。ナイフに使用しているステンレス鋼はまったく錆びないものではありません。

11.シースおよび革巻ハンドルには時々靴用クリームをつけ、乾燥を防いでください。

12.ナイフの携行には十分ご注意ください。大型ナイフは目的地に着くまでは厳重に梱包してください。市街地でナイフを腰に吊るしたり、ポケットに入れていますと取締りの対象となる場合があります。銃砲刀剣類所持等取締法上、自由に携帯できる刃物は刃長6cm以下に限られています。(詳しくはJKGの「銃刀法とナイフ」解説をお読みください。)飛行機に搭乗する場合も客室への持ち込みはできません。